専攻医(卒後3~5年目)

専攻医/専門医研修の特徴

高槻赤十字病院には多数の優秀な内科指導医が在籍し、信頼関係に基づくman to man的な密度の高い研修が可能です。
2018年度から新専門医制度による新内科専門医研修が開始される予定ですが、当院は基幹施設として「高槻赤十字病院内科専門研修プログラム」を日本専門医機構に提出し、一次審査を通過しています。定員を含めた詳細は二次審査で最終決定された後、ご案内いたします。
研修プログラムでは、内科全般にわたる質の高い内科医育成をめざすとともに、並行して将来専攻するSubspecialty領域を十分に研修できるよう特に配慮しています。また、さまざまなニーズに応えられるように、3年コース・4年コースを整備しており、これまでの専門医制度と変わりなく、卒後6年目には内科専門医、卒後7年目にはSubspecialty領域の専門医が取得できるプログラムを予定しています。また中規模病院の特徴として、専攻医は主体的に診療に関わり、速やかに臨床手技を習得することができます。
研修施設群の連携病院として、京都大学医学部附属病院・公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院・大阪赤十字病院・済生会茨木病院、特別連携施設とし多可赤十字病院・みどりヶ丘病院などとの連携を予定しており、希望に応じて専門的研修から、地域医療の研修までが可能となっています。
専門医取得後は、当院の常勤医としてさらに研鑚ができ、また、京都大学医学部や大阪医科大学の大学院に進学する専攻医もいます。

高槻赤十字病院内科専門研修プログラム統括責任者 神田直樹

  • 新制度(高槻赤十字病院内科専門研修プログラム)
  • 内科専門研修 待遇/募集要項
  • 内科先輩医師からのコメント