専攻医(卒後3~5年目)

専攻医/専門医研修の特徴

専門科目の専門医資格が速やかに取得できるように必要な研修、トレーニングを行う。具体的には、内科系は認定内科医を取得、外科系は外科専門医を速やかに取得することをめざしている。学会や研究会での発表を通じて専門分野の知識を高めると同時に、各種卒後セミナーに参加し、技量、見識の向上に努める。さらに、院内の日直や当直を経験し救急患者の対応に修熟し、初期研修を指導することで今までの研修の技量の再確認も行える。
後期研修修了後は、本院の常勤医として勤務しさらに腕を磨くことも可能である一方、京都大学医学部大学院や大阪医科大学大学院に進学した専攻医もいる。
  • 専攻医の一日
  • 専攻医からのコメント
  • 現行制度
  • [準備中]新制度(高槻赤十字病院内科専門研修プログラム)
  • 新制度(その他診療科)