専攻医(卒後3~5年目)

専攻医/専門医研修の特徴

高槻赤十字病院には、各専門分野に優秀な指導医が在籍し、専攻医は信頼関係に基づくman to man的な密度の高い研修が可能です。
内科は、基幹施設として「高槻赤十字病院内科専門研修プログラム」は日本専門医機構より承認を受けました。内科専門研修プログラムでは、内科全般にわたる質の高い内科医育成をめざすとともに、並行して専攻するSubspecialty領域の研修も重視しており、現行制度と同じく卒後6年目には内科専門医、卒後7年目にはSubspecialty領域の専門医が取得できます。(新制度:高槻赤十字病院内科専門研修プログラム 参照)
外科系も大学病院の連携施設として、専門医資格を取得することが可能です。(新制度:内科以外の診療科 参照)
内科系・外科系とも、中規模病院の特徴を生かし、入院・外来・検査・手術・救急などに主体的に関わり、速やかに臨床手技を習得することができます。
また、学会や研究会での発表・参加の機会も多く、専門分野の知識を高めることが可能で、専門研修終了後は当院の常勤医としてさらに研鑽する専攻医、京都大学医学部や大阪医科大学の大学院に進学する専攻医がいます。
  • 新制度(高槻赤十字病院内科専門研修プログラム)
  • 新制度(その他診療科)
  • 現行制度