ただいま研修中 ~たかつきな日々~ 研修内容報告BLOG

BLOG

臨床研修病院説明会があります!

2013年02月07日

こんにちは
本院臨床研修プログラム責任者Tです
2回目の登場です

さて、今回、お伝えしたいことがあるんです
タイトルにもありますが、来週の2月16日(土)にホテル大阪ベイタワー(大阪市港区弁天1-2-1)で臨床研修病院の説明会(近畿厚生局主催)があります

本院からは、各診療科の指導医の先生やトレーニング中の研修医の先生も参加し、高槻赤十字病院で行っていることや魅力など皆さまにお伝えできればと思っております
また、近況をお伝えしますと、平成25年4月からは、男性3名 女性1名の初期研修医が研修を開始し、後期研修医では、外科希望の女性1名が外部からの採用で、新たに仲間として研修を開始します

現在5回生や4回生の学生の皆さま、ぜひ高槻赤十字病院のブース(番号は、E11~12です!)へお越し下さい

お待ちしております

離島研修に行ってきました!

2012年11月05日

こんにちは
研修医2年目のKです
初めまして

私はこの夏、奄美諸島の徳之島に2週間研修に行ってきました。徳之島は、島を2時間くらいドライブすれば1周できるくらいの大きさで、絵にかいたような青い海と空と真っ赤なハイビスカス きれいでした

こんな環境下、島の人からは慕われているという病院で、私は外来や救急、入院病棟でお仕事をさせていただくことになりました

そんなところから思い出を2つ程お話します

1つ目は、島での初めての夜のことでした。
からすぐ近くのお店で楽しい時間を過ごしていた時、「先生、病院から電話~」とお店の方。救急で心肺停止の方が運ばれてきたので戻ってきてとのことでした。手にしていたコップをおいてすぐ病院へ

救急処置の末、残念ながら患者さんは亡くなられました。
その時、待合室を見ると島中の家族や知り合いの方が20人程駆けつけておられ、まるで、昼間の外来のように人で溢れていました。
都会では、急変で亡くなられた時でもしばらく経ってからご家族の方が1~2人訪れるケースが少なくありません。

これは、島とのLife Styleの違いもあり仕方のないことだと思いますが、島でのこうした人と人とのつながりを改めて感じました。

2つ目は、奄美・沖縄地方でも史上最大の大きさだった台風15号に出会ったことです。マンションが持ち上がりそうなくらいの暴風雨 そして、停電
ろうそくや懐中電灯を買いそびれた私は、真っ暗な夜を迎えました
久しぶりに心の底から怖さを感じた夜でした 自然の力はほんと凄いです

台風が去った後、安否確認も兼ねてNSさんと2人で訪問診療へ向かいました
の中、タイヤが浸るくらい水浸し&土砂まみれ。そこはまさにアトラクションのジャングルクルーズのような状態でした 屋根が飛んで行ったり、地区によっては2~3日停電も続きましたが、島の方々は落ち着いておられ「仕方ないからねぇ~。」と。まさに「なんくるないさ(方言:なんとかなるさ)」です
自分の大変はさておいて、「こんな中来てもらって」とか電気のつかない冷蔵庫まで一生懸命たどり着いて「冷えてないけど、持って帰って」と缶ジュースを下さったり。また、では、スタッフのみなさんもそれぞれに被害を受けておられるのに「先生、いい体験できて良かったね!滅多にできないよ」と明るく声をかけて下さいます
「大変な目にあったねぇ~」と言われるよりずっとポジティブでおおらかな気持ち
まさに、なんくるないさ(方言:なんとかなるさ)の魔法です
島の方々の温かい言葉に心打たれました

私は、この離島研修に行かせてもらい、ほんとにいい体験をさせてもらいました
医療の面もいい経験になりましたが、一人の人間としてもいい経験をさせていただきました
このような機会を作って下さった病院の先生方に心から感謝です

初めまして☆

2012年09月19日

こんにちは
初めまして

本院臨床研修プログラム責任者Tです。
私、医師としては消化器科の部長として勤務をしておりますが、平成24年4月から臨床研修プログラムの責任者として研修医諸君のよろづ相談の役割も担っています

来年、研修医を目指しておられる全国の医学部6回生及び5回生以下の医学部学生の方々へ本院における研修がどのようなものなのかを理解してもらえるようにブログ形式での紹介を立ち上げました
研修医及び研修医出身で各科で活躍している諸君にも登場していただき、リレー形式で続けていきたいと思っています

さて今回は、おめでたい話の紹介です。

本院の呼吸器科後期研修医でチーフレジデントを兼ねているN先生(平成20年採用)と本院に平成18年に採用され、現在は京大大学院に通っているI先生が6月に結婚されました

おめでとうございます

N先生は、見るからに可愛い先生なのですが、I先生も日本赤十字社キャンペーンのポスターに登場したナイスガイです

羨ましいです。。。

N先生、I先生、末永くお幸せに☆

臨床研修プログラム責任者のつぶやき:人手不足の昨今、彼も早く大学院を修了して本院の研修医の指導をしてほしいなぁ

 


結婚式での一場面
(左)がN先生、(右)がI先生

右も左も分からない中で・・・。

2012年07月02日

研修医Mです
こんにちは!初めまして

高槻赤十字病院で働き始めて・・・はや3ヶ月。
働き始めた時のことを思い出せるくらいに少しは余裕が出てきました

働き始めの時は全く知識もない中で、外科を担当することになったんです

右も左も分からない中で、どうしていいか分からず困っていましたが、指導医の先生をはじめその他の先生や看護師さんに色々教えていただき、何とか日々進むことができました  皆さんにほんと感謝です

ここで、学生の頃との違い、
感じました。

『指導医の先生の指導の仕方』です。
自分から積極的に教えてもらおうという意識を持っている人こそ色々なことを教えてもらえるのです

学生の時は、受け身の学習がほとんどでしたが

このギャップにやられました

でも、この部分を始めに気づくことができて良かったと思います!
色々なことをやらせてもらいましたし、手術にも毎日入らせてもらい、経験を積ませていただきました
ありがとうございます

あと、先生方がすごく優しかったのも印象的でしたし、先生・看護師さんとの飲み会も多かったりで、(休日にBBQなんてのも)イベントも多く、すぐにとけこむことができました

しかし、まだまだこれからです!
しっかり頑張ります

『2ヶ月が経過。』

2012年06月12日

こんにちは
初めまして
研修医Hです。

緑が溢れ、心が和む・・・そんな雰囲気がある高槻赤十字病院
ここで、4月から働き始め、2ヶ月が経ちました。
早い

この2ヵ月間は、呼吸器内科で研修をさせていただきました。

実際に気管支鏡を操作しました。

そして、学びました
・患者さんの苦痛軽減のために麻酔が大切であること
・気管支鏡終了後の体位が重要であること

とてもためになりました

その他には、CPCも経験したりと最初は分からないことばかりでしたが、多くの方に親切丁寧に教えて頂き、この2ヶ月でかなり慣れることができました。

これからも一生懸命頑張ります

23 / 23« 先頭...10...1920212223