初期研修医(卒後1〜2年目)

先輩研修医のインタビュー

M先生〜だんだんやりたいことが見えてきた〜

M先生

私は当院での2年間の初期研修の後、消化器内科を専攻し、現在後期研修をしております。当院の初期研修は、研修医のうちから様々な処置に参加し、実践できるなど、上級医と同じような目線で研修をすることができます。

症例数については、北摂地域に限らず、他病院や開業医の先生方から毎日多数の紹介をいただいており、多くの症例を通して、日々新たな発見があります。

学会や学術集会への参加も各科ごとに積極的に行われており、時代の変化に即した知識を実臨床に反映しております。

後期研修になると、3年目より外来診療にあたり、主治医にもなりますが、当院の初期研修修了後には、上級医の助けを借りながらではありますが、一人の医師として臨床の場の中で、日常業務を遂行できていると自負しております。

また、消化器内科医として、内視鏡検査・治療に従事する中で、日々自分の手でできることが増えていくことに喜びを感じております。

H先生〜自分のライフワークバランスを優先に考えて〜

H先生

高槻赤十字病院で研修させて頂いたHです!
私は卒業してすぐに結婚するつもりだったので、5回生の時にいくつかの病院を見学した時も、それぞれの病院で働くママさん女医さんに注目して病院を選びました。高槻日赤で働く女医さんは結婚している方が多く、家庭と仕事を両立している姿は具体的な目標になってありがたいなと思いました。

また、見学した5回生の時には3年目以降の専攻科を決めきれておらず、どの科も万遍なく勉強出来る病院…ということで高槻日赤を選びました。実際に研修してみると、大病院ではないぶん、どの科の先生とも顔見知りになり、他の科を回っている時でも気軽に相談させて貰える環境は有難く、専門の先生にご教授頂くことは本当に勉強になりました。そしてどの科でも、自らが希望すれば、どんな手技もしっかり監督した上で実施させて貰えます。

最後に、事務さんコメディカルの方々、とにかく病院で関わる全ての人が優しいことが研修医1年目にとって本当に救われました!個人的には互助会旅行や日赤の部活動などもあって、楽しい2年間を過ごさせて頂きました。