初期研修医(卒後1〜2年目)

先輩研修医のインタビュー

奥野先生

奥野先生

皆さん初めまして。高槻赤十字病院後期研修医の奥野岳と申します。

私は当院にて初期研修の2年間を過ごさせていただきました。当院ではほとんどの診療科がそろっているのに加えて、小~中規模病院でありますので上級医ともかかわりが深く、より現実的な各科の特徴を知ることができました。医学部卒業時に3年目以降の専門科を決めかねている方も、将来の診療科を決定しやすい病院だと思います。

また研修医2年目には鹿児島県徳之島の宮上病院で地域医療研修を行います。徳之島の人口は約1万人であり、都市部での医療とは全く異なる医療現場を経験することができます。

また高槻赤十字病院は、全室個室の緩和ケア病棟に自信を持っています。今日の死因の筆頭である悪性腫瘍は、医師であれば必ず向き合わなければならない疾患であり、初期研修のうちから緩和ケア科をローテートでき、将来内科のみではなく外科系を選択される方にとっても、間違いなく貴重な経験になると思います。

当直に関してはほとんどの場合、若手上級医と研修医が1人ずつであり、研修医であったとしても、上級医監視のもと自主的に診療を行う機会が多くありますので、必然的に救急対応の習得も早くなると思います。

他にも当院の特長はたくさんありますが、当院に少しでも興味を持っていただけた方は、まずは実際に見学にいらしてください。ぜひ一緒に働きましょう。

本橋先生

本橋先生

高槻赤十字病院で研修させていただきました。

学生時点で志望科が決まっておらず、どの科を専攻するとしても内科の一般的な知識は必要になると考え、あちこち探し回った結果、当院にたどり着きました。

当院のプログラムでは院内・院外で基本研修や選択研修を幅広く行い、様々な疾患や手技を学ぶことができます。

各科の垣根が低く、1つの科を回りながら多くの科のことも学ぶことができ、患者さんの全身を診るトレーニングを積むこともできます。研修医の人数が少なく、貴重な症例の取り合いにならないことも当院の長所ですね。

初期研修の2年間を経て内科後期研修も当院で継続しましたが、一番の違いはやはり「主治医になる」ということです。提供する医療に責任が生じます。もちろん1人だけで全て診ることはできず、先生方に教わりながら日々勉強しています。

これは自分の反省でもありますが、将来を見据えて初期研修の2年間を過ごせば、とても有意義な毎日を過ごせると思います。