臨床研修(卒後1~2年目)

協力病院/協力施設

救急救命

大阪府三島救命救急センター
基本的臨床能力を養うためには、自己研鑽し、医師としての人格を身につけることが第一義である。加えて、救急医療は医の原点であるという認識に基づき、内因性、外因性を問わずあらゆる救急疾患の初期対応に必要な技術と知識を習得し、社会が要請する臨床医の基礎的な能力を獲得することが、このプログラムの目的である。
大阪府三島救命救急センターは協力型臨床研修病院として、管理型臨床研修病院である高槻赤十字病院と連携して救急研修を行うものである。

精神科

新阿武山病院
現代社会の複雑さに伴って、心理的・精神的な障害を主訴に来院する患者さんが多くなっている。このような患者さんを全人的に治療するためには、的確な症状の把握、診断、治療のみならず社会復帰に至るまでのチーム医療のあり方や再発予防など様々な面での配慮が必要となってくる。卒後研修においては、広い視野から精神科医療を理解し実践できる医師の養成を目的とする。

地域医療

南溟会宮上病院/宮田診療所/坂中内科クリニック/津久田医院
1.患者が営む日常生活や居住する地域の特性に即した医療について理解し実践する。
2.離島医療、または診療所の役割(病院連携への理解を含む)について理解し、実践する。

地域保健

大阪府赤十字血液センター [選択]
日本赤十字社の事業の一つである献血業務に携わることにより、日赤の事業内容を理解しかつ赤十字血液センターの社会的役割について理解する。

高槻市保健所/大阪府茨木保健所 [選択]
地域保健・医療を必要とする患者とその家族に対して、全人的に対応するために、保健所の役割(地域保健・健康増進への理解をふくむ)について理解し、実践する。

神経内科

北野病院 [選択]
神経学的疾患は、そのほとんどが正確な病歴の聴取と神経学的診察によって局在診断と病態診断が可能である。臨床神経学の長い歴史の中で確立されたこれらの基本的な診察能力の重要性は、MRIをはじめとする画像診断や臨床検査が進歩した今日においてもいささかも減じていない。 北野病院神経内科における臨床研修では、神経学的疾患を診断し治療方針を立てる上で必要な(1)病歴の聴取、(2)神経学的診察法、(3)画像診断、(4)電気生理検査法を経験・習得することを目指している。

小児科

医療法人三木医院 [選択]
1.小児特有の処置法、診断法を身に付ける。
2.小児の緊急処置についても学習する。
3.重症患者の管理、慢性疾患患者の管理を修得する。

大阪医科大学附属病院 [選択]
地域保健・医療を必要とする患者とその家族に対して、全人的に対応するために、保健所の役割(地域保健・健康増進への理解をふくむ)について理解し、実践する。